越後・柏崎 魚卵塩辛の専門店 通販ショップ珍味の田塚屋 -鱈の親子漬け-










新鮮な助宗鱈の身を酢でしめ、鱈の子、生姜、きくらげと合わせて田塚屋独特の趣向で調味加工いたしました。ちょうどよい甘酸っぱさで、どなたにも好まれる滋養食品です。酒の肴としてもご愛用いたいております。

原材料名
助宗鱈、タラの子、木耳、生姜、酸味料、砂糖
保存方法
10℃以下で保存してください。
取扱上の注意
開栓後は、お早めにお召し上がりください。
賞味期間
3ヶ月



鱈の親子漬け 箱詰め


鱈の親子漬け250g角瓶



鱈の親子漬/220g入 1.000

鱈の親子漬/350g入 1.500

鱈の親子漬/440g入 2.000

鱈の親子漬/700g入 3.000

鱈の親子漬/角ビン/250g入 1.200

鱈の親子漬/バラ袋詰/250g入 1.000

鱈の親子漬/バラ袋詰/500g入 2.000

※バラ袋詰とは、化粧箱に入ってなく袋詰になっているものです。ご家庭用にオススメです。

柏崎名産「鱈の親子漬」は新鮮な助宗鱈の身を酢でしめ、鱈の子、きくらげ、生姜を混ぜ合わせ調味加工したものです。酢と砂糖だけで味付け致しました。味は甘酸っぱい味がいたします。酢の物と考えた方が分かりやすいかも知れません。そのまま食べてもよいのですが、キュウリを薄く切り和えてもよろしいですし、またお正月には、大根と人参を細切りにして親子漬と混ぜ、なますのようにして召し上がってもおいしいです。

雑 学

鱈の親子漬けの歴史(新潟日報紙・平成8年3月より)
鱈の親子漬の源流もずいぶん古い。江戸初期の料理本「江戸料理集」などによれば、魚の身に卵をまぶして、「子付き膾(なます)」とした。
酢の加減に気を遣ったようだ。「酢のつよきは大不出来成物也。但あまきもあしき物也」とある。苦心の味覚追求である。ショウガの千切りは必ず添えた。寛延二年(1749年)の「料理山海郷」は、「子鱈漬」を「鱈骨なきようおろしそぎ作りにして子にて身を漬る」とする。食べる時に酢をかけたらしい。商品開発は、温故知新でもある

鱈の親子漬製造行程

鱈の親子漬に入れる『きくらげ』を細かく短冊のように切ります。
手作りにこだわり丁寧な仕事をする。弊社にしかできない丁寧な仕事で、手間と時間をかけて鱈の親子漬を製造しています。
鱈の親子漬に使用する鱈は、北海道近海で獲れたスケソウ鱈を使用します。
骨や濃い色の部分を丁寧に取り除きます。
大体4〜5センチ角、同じ大きさに切って行きます。切った鱈の身を2時間程度かけて塩出しをします。塩出しをした鱈を専用の機械でカットします。

真鱈の子の皮剝きをし、大きな専用の鍋にてボイルします。ボイルをし沸騰したら桶の中に移します。
水を入れた桶の中でボイルした鱈の子を綺麗にザルで漉し、子に付いていた皮などを綺麗に取り除きながらよく洗います。
洗った鱈の子を専用の漉し袋に入れ、よく絞り水分を出します。よく絞った子を専用の鍋にて味付けをし、弱火で焦げないように煎ります。水分がなくなりサラサラになるまで時間をかけて煎ります。
味付けは慎重に行い、煎る時も焦げないように素早くかき混ぜて行きます。
ボイルをして、ある程度サラサラになったら専用の入れ物にあけて扇風機で冷まします。しゃもじで均等に冷めるように、ゆっくり丁寧に仕事をします。
冷めて水分がなくなりましたら、ザルでもう一度綺麗に漉します。漉す時は、手で押したりせずにザルを回しながら子の形が崩れないように漉して行きます。
鱈の身は、酢に漬け1日、2日と完全に酢漬けになるように2日目には酢を入れ替えます。酢の分量も間違わないように行います。
酢漬けをした鱈を専用の袋に入れ、酢を絞ります。絞り過ぎないように気をつけながら仕事をします。
絞った鱈を仕込み専用の入れ物に入れ、砂糖、きくらげ、生姜、子の順番に混ぜて行きます。よく混ざるように手作業で丁寧に混ぜます。この作業を何度か行い親子漬の完成になります。
1〜2日間、親子漬専用の樽にじっくり寝かせます。味がよく染み込んだら袋詰め真空パックにして化粧箱に入れて完成となります。
他には絶対に真似出来ない、手作業と丁寧な仕事に自信を持って製造しております。



▲このページの先頭へ


私たちが心を込めて担当いたします。



昔ながらの製法にこだわってつくった珍味の数々を、私たちが心を込めてお届けしています。皆様のご利用を心よりお待ちしています。(店長・尾崎)
お支払い方法
代金引替、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、クロネコwebコレクト(クレジットカード決済)からお選びいただけます。



商品価格について
サイト内の表示価格は、税別となっておりますのでよろしくお願いいたします。
※初めてのご注文のお客様は、代引、銀行振込(先払い)、クロネコwebコレクト決済となります

ご注文方法
インターネット、お電話、FAX、メールでのご注文を承っております。インターネット、メール、FAXでのご注文は365日24時間受付ております。
お電話でのご注文は 平日8:30~17:30までです。

お問合せはご気軽に

フリーアクセス/0120-232-476
FAX/0257-23-3059
FAXご注文用紙の印刷はこちら


返品について
食品のため、お取り替え返品は原則としてお受けできませんが、万が一不良品があった場合は着払いにて返品ください。また、商品は万全の体制で、詳細に気を配りご発送しておりますが、何らかの事情により商品に傷み、破損等がございましたら、大変お手数をおかけいたしますがご連絡ください。当社で宅配便を手配しご自宅までお伺いいたします。



株式会社田塚屋 〒945-0066 新潟県柏崎市西本町2丁目6-27 Tel.0257-23-2476 Fax.0257-23-3059